天王山ハイキングコースの八合目付近、ちょうど酒解神社の鳥居近くに旗立松があります。旗立松はここ、山崎でおこった羽柴秀吉と明智光秀による天王山の戦いの際、秀吉軍が自軍の指揮を高めるため、老松の樹上高くに旗印を掲げました。いわゆる、秀吉の「千成ひょうたん」の旗印です。これが秀吉軍の士気を多いに高め光秀軍を打ち破ったとされています。

 

旗立松は明治中期までは、槁木(こうぼく)の姿をとどめていたが朽ちてしまったそうですが、幾度か植樹をへて今にいたります。看板には5代目とありますが、現在の松はその6代目だそうです。若い松であり、まだ背が低いためにどの松か迷います。かつては旗印が見えたとのことなので、麓からも見えるほど大きな松だったのでしょう。

 

 

すぐ隣には、山頂側に展望台があり、逆側に山崎合戦之地石碑があります。両方ともに景色が見晴らしが良いので、写真を撮影している人もいます。

展望台からはちょうど、大阪平野、京都盆地が望めます。旗立松展望台からの風景は、「京都の自然二百選」に選ばれていて、そこから明智軍と秀吉軍が布陣していたとされる山崎の古戦場も確認できます。

 

展望台には、案内図も設置され、眼下の明智軍と秀吉軍の布陣の図が書いてあります。図によれば、明智軍は円明寺川に沿って布陣し、秀吉軍は先鋒が円明寺川に、後方は天王山と淀川に挟まれた大山崎で縦長になって布陣しています。

 

反対側の山崎合戦之地石碑です。ここも景色が大変良く、お弁当なんか食べれそうです。実際の山崎の合戦は山中ではなく、麓で行われていますが、日本合戦史上欠くことのできない山崎合戦をこの記念碑を建立することによって、一人でも多くの人々に知らせ、また後世に受け継いでいくため秀吉ゆかりの地旗立松の地に建立するものである。とのことでここに建てられたそうです。

 





旗立松・展望台 への2件のコメント

  1. ピンバック: 明智光秀 | 山崎観光案内所 

  2. ピンバック: 【関西限定】クリスマスイベント情報解禁 | Gourmet -グルメ・おでかけ-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>