大正元年創業。谷崎潤一郎の小説「蘆刈」にも登場する「かぎ卯」。
山崎から橋本への渡し船に乗る前にうどん屋さんで日本酒を飲み、うどんを食べる場面のことだ。数年前に店舗改装されて、古くからの町並みとモダンな新しさが同居する建物になった。

 

その「かぎ卯」は、JR山崎駅を西国街道を13分ほど歩き、サントリー山崎蒸留所前の踏み切りをさらにを超えていった所にある。サントリー山崎蒸留所から見ると、駅とは反対方向なので、立地はそんなに良くない、住宅地の方に歩いていき、ちょうど171号線から来た裏道と合流している所にある。ここにはかつては門があったらしい。

 

新しい建物は、日本家屋のよさを残す窓と壁が、和の雰囲気をかもし出し、前面にはりだした白い壁がモダン色を高めている。山崎という異次元空間を守りつつ、むしろ自らリードしている質の良い建築さ。さらに、大きな「山崎の水で作りました」の茶色ののれんが誇らしげである。

 

ぱっと見では、営業中かどうか不安になるが、暖簾と開店の札がでているのでやっていると分かる。

 

店内は外から見るよりもわりと広め、特に客席とカウンターの間の空間を広くとってる。天井も高く、開放感があり非常に清潔である。覗き見た台所も広そうで、料亭の雰囲気すらある、でもそうかと思うとテレビでは阪神タイガースの野球中継を垂れ流し放映中、その辺は昭和の香りが残ります。

 

出されたお茶を一口飲んで、いざ注文であるが、「かぎ卯」の驚くべき点として、メニューがめっちゃ多い店というのがあげられる。季節ごとに新しいメニューが登場して、飽きがこない。というか前来たときには何を食べたっけ?というぐらいあります。

 

私的好きなメニューを言うと。

・えびと貝柱のかき揚げ
・セット定食の肉丼
・カツ丼
・温かいウドン全般


 
大きめのえびと貝柱のかき揚げのったうどん。丼類のカツの肉も、しっかりしていておいしいです。ダシの味がとても好み。

今は三代目のご主人と奥さんが切り盛りされているそうです。ひそかに、隠れメニュー「オムライス」がうまいことでも、近所で有名です。
 
「蘆刈」の一節です。店内に飾ってあります。

 

所在地 〒618-0001 大阪府三島郡島本町山崎3丁目4-1
分類 食べる・飲む・和食
営業時間 11:00~15:00
17:00~20:00(L.O.19:30)
ランチ営業、日曜営業
定休日 水曜休・第3火曜日
平均予算 800円前後
お問合せ先 TEL:075-962-0700
アクセス 電車:JR山崎駅より徒歩13分
阪急大山崎駅より徒歩15分
備考 駐車場有(2台)
地図
大きな地図で見る

関連記事

  1. 阪急そば 大山崎店



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>