平成27年(2015年)9月26日(土)、大山崎町の平成27年度民俗芸能鑑賞の夕べとして、「嵯峨大念仏狂言」が中央公民館で行われます。

 
また、ロビーにて嵯峨大念仏狂言写真展。公演に先立ち芳野明様(京都嵯峨芸術大学教授)による講演会も同時開催です。
 
omote
 

嵯峨大念仏狂言とは

 
嵯峨大念仏狂言は、壬生大念仏狂言、千本ゑんま堂大念仏狂言とともに京の三大念仏狂言の一つで、昭和61年(1986年)には国の重要無形民俗文化財として指定を受けています。京都市街の北西に位置する清凉寺境内の狂言堂で年に数回開催されており、すべての役者が面をつける「仮面劇」であることや、セリフのない「無言劇」であることなどの特徴があります。
 
>> 嵯峨大念仏狂言保存会

 
今回の演目は「愛宕詣物語」愛宕神社に詣でを済ませた旦那と供が、帰りに立ち寄った茶屋で娘と母に出会ってというお話。
 

ura

平成27年度民俗芸能鑑賞の夕べ ~嵯峨大念仏狂言~

内容:嵯峨大念仏狂言~愛宕詣~
 
日時:9月26日(土曜日)午後5時30分から8時
場所:大山崎町立中央公民館
アクセス:阪急西山天王山駅から徒歩16分。公共の交通機関をご利用ください。
 
定員:200名(先着順)
入場無料 申込不要
雨天決行
 
プログラム
午後5時30分:開場
午後6時:講演「嵯峨大念仏狂言と愛宕山」 芳野明氏(京都嵯峨芸術大学教授)(約30分)
午後7時:公演 「愛宕詣」(嵯峨大念仏保存会)(約50分)
 
主催=大山崎町教育委員会・大山崎町文化協会
問合せ先:大山崎町教育委員会生涯学習課文化芸術係 075-956-2101





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>