IMG_3935
 

JR山崎駅前で書店やカフェを運営されている西田本店さんにて、シリーズ「京都 大山崎物語」第3弾となる、「煎茶」が、平成26年3月より販売開始になっています。
 

茶葉は京都産で、製造は千利休にちなんで、堺の名店『茶寮つぼ市製茶本舗』に依頼されたとのこと。
 

西田本店さんによれば、お正月に、実家(堺)に帰省した折、『茶寮つぼ市製茶本舗』さんへ。そこでいただいたお茶とお店の雰囲気に感動し、帰宅後すぐに連絡をとりオリジナルのお茶を作っていただけることになったそうです。
 

中身のお茶は、テトラポット型のティーバッグで、18個入りと(800円+消費税)10個入り(400円+消費税)があります。18個入りのものは、贈り物用にできるように和紙の包装になっています。

 

sencya
 

何人かで味見をし、つぼ市さんも何度も足を運んでいただいて、やっと決まった味とのことです。

といわけで試飲です

4月のすてき発見市で購入し、早速試飲です。
 

IMG_3939

 

いつも使っているポットに入れます。
2人分を用意。茶器は気に入りの芦田尚美 さんのアメツチを用意。
いざ試飲です。

 

IMG_3947
 

味わいはまろやか。苦味が抑えられているのが好印象で、非常に飲みやすい。
控えめな素朴さと、ほどよいざらつき、喉を通り過ぎた後には、舌の上に優しい温かさの名残を残します。
 

朝に飲みましたが、とてもほっとする気持ちになれました。
 

大山崎の歴史に思いをはせ、できるなら、茶室で例の国宝の「待庵」の中で飲んでみたいものです。もちろん無理でしょうけど。
 

大山崎物語シリーズは、「煎茶」も含めて、西田書店で購入することができます。


関連記事

No related posts.




京都 大山崎物語 第3弾販売開始 こんどは千利休にちなんだ「煎茶」です。 への2件のコメント

  1. 西田本店 より:

    お世話になっております。
    この度はまた京都大山崎物語 煎茶について詳しく掲載していただき、ありがとうございました。
    店にも市にもお越しいただいていたのですね・・・
    金曜日に始めてお目にかかったと思っておりました。失礼いたしました。
    今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

  2. yamazakilove より:

    西田本店様

    コメントありがとうございます。

    買わせていただいたお茶、今日も食後に飲みました。変わらずおいしかったです。山崎は利休由来の場所だし、おみやげにお茶があればいいのに、と思っていたところでの登場で、とても良い商品だと思います。

    お店にも市にも何度か立ち寄っていますが、大抵妻がメインです。ですので、たぶん直接お会いしたのは、おっしゃる通り金曜日が初めてではないかと思います。個人的にはやっとお会いできて嬉しかったです。

    ブログも拝見しており、楽しんでおります。
    また機会があれば、当サイトでぜひ取り上げさせてください。

    よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>