江戸時代に柴田鳩翁という心学者が書いたお話しの中に、天王山にまつわる、「京の蛙と大阪の蛙」というお話があります。

 

むかし、京に住む蛙が、大阪を見物したいと望んでいました。この春に思い立って、難波など名所を見物しようと言い、
西の明神から、西国街道を山崎へ出て天王山に登りました。また、大阪にも京都を見物したいと思い立った蛙があって、これも西国街道を瀬川、芥川、高槻、山崎と出かけ、天王山へ登り山の頂で両方が出会いました。
 

互いに仲間同士であるからして、その志しをいいます。「これほど大変な苦労をして来ても、まだ道半ばじゃ、ここから京、大阪に行けば、足も腰ももつまい。名に負う天王山の頂上、京も大阪と相互互いに相談して、立ち上がり、足を爪先立てて、向こうをきっと見渡した。
 

京の蛙が言うには、「音に聞こえた難波の名所も見れば、京に変わりがない。どうしよもない目をして行くよりも、今からすぐに京に帰ろう」という。大阪の蛙も目をぱちぱちさせて、あざ笑うように言う。
「花の都と音には聞くけど、大阪も少しも違いはせぬ。それならば私も帰るべし」と互いに会釈して、またのさのさと這って帰りました。
 

これが、面白い例えでございますが、つまり蛙は向こうを見渡したつもりではありますが、目の玉が背中についてあるので、見たものは下の古さをみただけでございます。どれほど見つめていても、目の場所が違っているからには気がつきません。うろたへた蛙の話をよく聞いてくださいませ。 鳩翁道話より抜粋

 
間の抜けた蛙の話ですが、つい自分の目はいったいどこについてるのか?ちゃんと物事を見ているのか?と自問したくなる話でもあります。
 

柴田鳩翁は道話の神様といわれ、鳩翁道話の正編は1835年(天保6),続編36年,続々編38年刊。ベストセラーになりました。
 

蛙の像は大山崎ふるさとセンター内、大山崎町歴史資料館へ行く2階階段手前にあります。


関連記事

No related posts.




天王山のカエル(京のカエル大阪のカエル) への1件のコメント

  1. 片山通夫 より:

    突然のメール失礼いたします。
    私は枚方市在住のフリーのカメラマンです。
    私の家内の友人である一人のロシア人をご紹介したいと思います。
    彼は画家としての評価も高い セルゲイ・デニセンコ氏 が「京都の蛙と大阪の蛙」に興味をひかれ、 一年以上の月日をかけて一連の絵物語を描きました。
    大胆な発想の絵は、ロシアでも話題をよび、上記「プーシキン・ドーム」と個人のギャラリーですでに展覧会が開かれ、好評を博しました。

    デニセンコ氏が5月10日から5月20日まで日本に滞在し、枚方市長尾にある「アートサロン・ムーザ」でこの「蛙」の展覧会を開きます。
    このギャラリーのブログで、展覧会のことを紹介しております。
    http://artsalonmusa.blog.fc2.com/blog-entry-17.html#more

    もし、この展覧会に興味を持っていただけるようでしたら、ご連絡ください。

    なお、5月17日(火) 15時~17時 展覧会オープニング

    画家を囲んで、彼がこの昔話に興味をもったいきさつや、解釈のことなどを聞きながら、和やかに過ごしたいと考えております。
    ご参加くださる方がいらっしゃいましたら、歓迎です!

    PS:
    彼の作品、略歴などはここに添付できませんので、興味をお持ちでしたら、メールアドレスを私宛にお送りいただければ、送付します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>