阪急大山崎駅すぐ近く、大山崎町ふるさとセンター内歴史資料館において「近現代大山崎の観光と鉄道建設」が開催されます。

 
oyamazakireki_01
 

期間は2018年5月2日(水曜日)~5月27日(日曜日)。
観光パンフレットや地図資料の変遷から、近現代の大山崎の観光事業について振り返ります。
加賀正太郎の大山崎山荘建設(現美術館)についても取り上げます。
 
また、5月4日、5日、26日には鉄道模型を展示。
町の遺跡を歩く現地見学会が5月26日(土)に開催予定となっています。
 

大山崎町歴史資料館小企画展「近現代大山崎の観光と鉄道建設」

 

期間:平成30年5月2日(水曜日)~5月27日(日曜日)
休館日:5月7日、8日、9日、14日、21日
時間:9:30~17:00(最終入場16:30)
入館料:200円
住所:〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町字大山崎小字竜光3番地
電車:阪急大山崎駅から徒歩2分、JR山崎駅から徒歩5分 車:大山崎ICより5分

 
現地見学会
 

「大山崎の鉄道遺跡を歩く」
2018年5月26日(土)13:30~
集合場所:大山崎ふるさとセンター
参加料 100円(入館割引)
■要申し込み
 
鉄道模型の紹介 HOゲージの展示
5月4日(金)・5月5日(土)・5月26日(土)
ふるさとセンターロビー北側
操作体験ができます。
 
お問い合わせ・お申込み
大山崎町歴史資料館:075-952-6288





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>