阪急大山崎駅すぐ近くの大山崎歴史資料館(大山崎ふるさとセンター3階)にて、小企画展「東黒門の歴史」が2017年3月7日(火)より開催されます。 

 

大山崎集落の東の出入り口であった黒門。江戸時代に宿場として繁栄していた黒門周辺の五位川保の歴史について紹介します。
16日には古文書講座も開かれます。

 

oyamazakireki_01

 

小企画展「東黒門の歴史」大山崎町歴史資料館

日時:2017年3月7日(火曜日)~20日(月曜日)
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日(祝祭日に当たる日を除く)
アクセス:JR東海道線「山崎駅」下車、徒歩5分
阪急電鉄京都線「大山崎駅」下車、徒歩2分
入館料:200円
 

古文書講座「東黒門と五位川保の歴史を読む」
日時:3月16日(木)午後1時30分~
場所:大山崎ふるさとセンター3階ホール
参加費:100円
◆定員:電話申し込みによる先着20名
◆問い合わせ・申込み:大山崎町歴史資料館
〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町大山崎竜光3
大山崎ふるさとセンタ-2階
電話 075-952-6288  FAX 075-952-6289
 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>