大山崎山荘美術館内には、カフェが設けられています。美術館本館の2Fにあり、喫茶室とバルコニーに面したオープンカフェがあります。

 

この眺めから、山荘の敷地内の自然と淀川の合流地点が見えます。ここに来ると見渡す限り自分の土地であるような錯覚が起こり、超金持ちの気分が味わえます。山荘を建てて加賀正太郎の気持になって眼前の風景を楽しみましょう。

 

個人的には、何故かここに来ると、グレートギャッツビーのロバートレッドフォードが浮かんできます・・。

 

喫茶メニュー

さて、メニューですが、珈琲や紅茶に加えて、アサヒビールらしく、アルコール関連が充実しています。ここは「プレミアム生ビール」を頼みましょう。もちろん飲む場所はオープンカフェでいきましょう。

 

しかし、冬は寒いので、紅茶とケーキです。

 

特製パウンドケーキ 定価350円~400円
・オレンジケーキ (みずみずしい香りと風味のオレンジ)
・フルーツカップケーキ (ラム酒とブランデーの香りのフルーツとナッツ)
・ワインケーキ (ワインを染み込ませ熟成させたケーキ)
などがあります。時々期間限定のケーキなんかもありますので試してみていいと思います。

 

入館料が別にかかるので、ちょッと立ち寄るというわけにはいかないのが残念ですが、ここにカフェがあるのは最高です。


関連記事

No related posts.




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>