アサヒビール大山崎山荘美術館では、2012年に新たな建物である山手館「夢の箱」が竣工しました。くしくも山荘がちょうど100年にあたります。

それを記念した 「美の再発見」展 (後期)を開催しています。
2012年8月1日(水)-2012年10月24日(日)
午前10時~午後5時(最終入館は午後4時30分まで)

7月25日までの前期から、山荘美術家所蔵のバーナード・リーチ、富本憲吉、岸田劉生、梅原龍三郎の作品など、20点を入れ替えての展示です。

オーギュスト・ルノワール
《葉と果実の飾りのある若い裸婦》
カンヴァスに油彩
1905年頃 
131×41.3cm

ピエール・ボナール
《開いた窓辺の静物》
カンヴァスに油彩
1934年
97×60.5cm

バーナード・リーチ
《スリップウェア ペリカン図大皿》
陶器 1930年
高9cm 径43.5cm

Copyright (C) アサヒビール大山崎山荘美術館

詳細はアサヒビール大山崎山荘美術館で確認ください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>