ggtd7ah7

大山崎えごまクラブは大山崎町で発足した、自治をモットーとして地域クラブです。

 

「エゴマの灯明油で栄えた街」である大山崎町の歴史をふまえ、エゴマに関わる文化を現在に活かして街の地域活性化をめざして活動しています。

 

年間を通じて栽培や、イベントを開催するなかで、町内外の人・団体との交流やコラボレーションをはかるのが目的です。また、新しい企画やものづくりに取り組んでいます。

 

エゴマと大山崎

大山崎は、かつてエゴマ油の総元締めとして栄えました。離宮八幡宮を中心に独占的に販売権を得ると、油座を制定、最盛期には近畿内だけでなく、美濃・尾張まで広げていたそうです。しかし、桃山時代から江戸時代にかけて衰退していきました。

photo2

>> 大山崎油座と荏胡麻(えごま)油

 

大山崎えごまクラブの誕生

2008年にえごまを活かした、エゴマまるごと体験事業が2008年に行われます。エゴマ油を復活させるプロジェクトで、エゴマの種まきから収穫、実の採取、油しぼり、そして油を使った料理の開発を行いました。そこから発展的にクラブへ組織化。会員数を増やしていきます。

 
町役場横の畑
P1010287
 

クラブイベント「えごまフェスタ」や町内のイベントなどを開催。(昨年冬のイベント)うします。「えごま葉のお茶」、「エゴマ実入りドーナツ」などを提供しています。また、お持ちつきなのでは、エゴマ味噌、エゴマしょうゆも味わってもらっています。
 
IMG_3832
 

また、かつての、油しぼり使われたとされる絞木式搾油器油しぼりの模型を使った搾油実験など、レプリカの製作や実演も行っています。

 
IMG_3821
 
IMG_3822

 

えごまクラブ参加者募集中

大山崎えごまクラブでは、現在も活発に活動を行っており、参加者を随時募集しています。
 
参加加入希望の方は、FAXで075-957-3094(永田方)まで、
氏名、年齢、住所、メールアドレスを記載して申し込みください。
年会費は2,000円(保険料500円別途)となっています。
※小学生の参加は、保護者同伴でお願いします。
大山崎えごまクラブ





大山崎えごまクラブ への2件のコメント

  1. 永井好和 より:

    今日、テレビで貴クラブの紹介番組を見ました。
    確か、12/12(土)にイベントがあると聞きました。
    私、今年初めてエゴマを栽培し、若干のゴマ(実?種?)を収穫したのですが、できればイベントに参加して、利用方法を教えて頂きたいと思っています。
    イベントの具体的な日時を教えてください。
    それと、向日市から自家用車で行きたいのですが、駐車場は確保できますでしょうか?
    ご返信の程、宜しくお願い致します。
    2015.12.9(水)18:09

    • yamazakilove より:

      こんにちは、管理人です。

      当サイトは山崎の情報を私的に掲載している観光サイトとなりますので、直接の団体ではないのですが、えごまクラブ関連の方に連絡をしておきました。

      イベントは「冬のえごまフェスタ2015」でJR山崎駅近くの離宮八幡宮にて12月12日(土)で12時30分から17時までとなっています。
      http://oyamazaki.info/archives/6663

      えごまの利用方法などは、当日イベントでご質問などされれば大丈夫ではないかと思いますが、駐車場の方は、専用の駐車場がありません。駅前のコインパーキングをご利用いただく形になります。

      なお、イベントの直接の連絡先は075-957-0336 津田様
      となります。よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>