このサイトについて

  
このサイトでは大阪と京都のちょうど国境目にある「山崎」というところを訪れる方のために、また興味をもたれた方に、力いっぱい山崎の良さをを宣伝することを目的にしています。
 
山崎は歴史的な要地であり、サントリー山崎蒸留所やアサヒビール山荘美術館に加えて、利休の待庵や、離宮八幡宮など歴史的なスポットが多数残っている場所です。
 
train02

 
このサイトは市や町のオフィシャルのサイトではありませんので、管理人の主観的な意見やコメントがかなり混じっています。慎重を期していますが、間違いもあるかもしれませんので、ご指摘いただきましたら、直ちに修正致します。
 

ともかく、山崎観光案内所へようこそ、そして、3日~4日あれば廻れるよと思わせて、何度も来たくなる山崎の素晴らしい魅力を知ってください。

このサイトについて への8件のコメント

  1. yamazakabc より:

    山崎と大山崎の関係が歴史上と現在の
    自治体区分と異なることにずっと違和感が
    ありました。
    そんな中、このサイトは、私の感覚に
    ぴったりだったのでうれしく思います^_^

    個人的には、山崎と大山崎の地名がどのように
    歴史上、使われて来たか興味があります。

    管理人さん同様に私も15年程前に引っ越して来て
    山崎を気にいってます^_^

    サイトの情報網羅率はほぼ完璧ですね^_^
    これ以上のネタはない位。すごい!

  2. yamazakilove より:

    yamazakabc様 
    コメントありがとうございます。

    引越して15年とのことで私より先輩ですね。
    私も山崎が大好きです。

    おっしゃるように、引っ越してきた身としては自治体区分に同じ違和感がありましたので、こんなサイトを作ってみようと思いました。そういうわけで、サイト上では、なるべく区別せず同じ地域として取り扱うようにしています。

    でも、山崎と大山崎の名称で、どっちを使うか迷う事が多々ありますね。江戸期、明治時代などには揉め事があったりしたみたいですし。

    ネタは調べていくとどんどん出てくる感じで、完璧にしたいですが、完璧になりません(笑。
    面白い場所やイベントがあれば紹介していきたいと思っています。

  3. yamazakiabc より:

    いつも愉しく拝見しています(^O^)
    瑣末なことですが、本サイトは、「山崎観光案内所」だと思うのですが、「大山崎観光案内所」と表記が数箇所見受けられるのが少し気になります。

  4. yamazakilove より:

    こんにちは、yamazakiabc様
    いつもありがとうございます。

    ご指摘の通り、当サイトは「山崎観光案内所」です。
    これは、サイトを作る時に「名前をどっちにしようか?」という迷いがあったため、そのままブレて残ってしまっています。統一したいと考えていますので、発見次第修正していきたいとおもいます。

  5. yamazakabc より:

    あれ?もしかして、少しTOPページをリニュアルしました?何だか少し違う感じ。各タイトルにイラストがついたような?
    いい感じになりましたね!
    変更していなければゴメン(-_^)

  6. yamazakilove より:

    こんにちは、yamazakiabc様
    そうですねー。少し前にイラストを付けてみました。イラストがある方がわかりやすいかなと思いまして。
    デザイン的にもちょっとづつ良くしていこうと思っています。

  7. yamazakabc より:

    何だか、偶然でしょうが、島本ネタが続きますね(*^^*)

    いいと、思います!

    偶然ではなく、必然?

    島本町が覚醒した?情報発信に!

    • yamazakilove より:

      こんにちは、管理人です。

      そうですね、意識していなかったですが、島本ネタが連続していますね。今年は島本元年か?というぐらい、情報を発信する方やサイトが増えていて、勢いを感じます。今や追いかけるのに精一杯となっております(笑。

yamazakiabc にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>